VR

【3DCGソフト】VR上で制作できる「Gravity Sketch」が個人利用無料に!

Think in 3D. Create in 3D.をコンセプトに、VR上でModeling可能なソフト”Grabity Sketch”が個人利用無料で使用できるようになりました。
コンセプトスケッチから詳細なモデリングまで、リアルタイムでヴァーチャル空間上に想像することが可能なソフトです。将来的にWorkflowの一部として組み込まれるかも。。。?

 

Movie

 

2017年にリリースされたこちらのソフトは現在Steam/oculus rift/oculus questで無料ダウンロードできます。(法人利用する場合は別途料金がかかるのでご注意ください)

操作はハンドローラーを使用し、直感的に操作/制作が可能です。鉛筆で描くようなラインを用いてスケッチし、それに対して曲面や平面を追加、グリッドを捜査して形状を自由に変えたりも可能です。

現在アーリーアクセスの段階では英語ver.のみ使用可能。日本語も追加されるといいですね!

 

機能概要

6つの編集可能な作成ツール

  • ジオメトリタイプ:メッシュ、NURBS、およびSubD
  • 無制限のレイヤー
  • グループ化
  • カスタム環境
  • 画像、ビデオ、および3Dファイル(.jpg、.png、.mp4、.obj)をインポート
  • スナップショットと3Dファイル(.png、.obj、.iges、.fbx)をエクスポート
  • OBJのインポート/エクスポート
  • LandingPadを使用して、クラウド内のすべてのコンテンツを同期

 

 

作例 Boba Fett from Star Wars

ライブ形式で一からStar Warsのキャラクターを制作します。3時間と長編ですが、こちらを見ることでかなり学習がはかどりそうです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です