UE4

【一から学ぶ】Megascansを使ったフォトリアルな丘の作り方 In UE4

今回はQuixelがYoutubeにて公開しているTutorial”Create a Photorealistic World inUE4”についてご紹介いたします。
こちらのTutorialではMegascans dataを使用してフォトリアルな丘をデザインする内容となっています。一部を除き初心者でも一から簡単に作れる内容となっているので、興味がある方はぜひトライしてみてください。

 

全く触ったことのない方はまずこちらからどうぞ↓

【UE4入門編】のぶほっぷさんのUE4超入門講座がわかりやすい!本日はのぶほっぷこと福井信明さんが教えるUE4超入門編につていご紹介いたします。 UE4に興味がある方は誰もが名前を聞いたことがあるの...

Movie

まずは動画から。
すべて理解する必要はありません。下に補足画像を添付しますので、併せてみていただくと効率的な学習になるかと思います。

Images

Asset

1.まずは各種AssetをMegascansからDownloadします。今回必要なAssetのLinkはページ下にまとめて張っておきますので、後ほどご確認ください。
2.DownloadしたNormalやObjectをUE4へImportします
3.まずはImportしたTextureを使用して、簡易的なMaterialを制作しましょう
4.こちらはParameterで細かく調整できるようにしています。難しいようであれば飛ばしても大丈夫です
5.制作したObjectにインスタンスマテリアルをアサインしましょう
6.タンポポに対しても同様です。ただしこちらはMaskMaterialで!
6.UE4だと簡単にワイヤーフレーム表示可能です

World Machineを使用した効率的な地形の生成

7.Assetを配置していくBaseとなるジオメトリーをImportします
8.今回はWorld MachineというSoftwareを使用して地形を生成しています。非商用なら無料で利用できるので興味のある方はこちらからDownload可能です
9.今回のTutorialではカバーされていない内容ですが、Material Blendによって生成された地形に複雑な情報が簡単に追加できています

最初に作ったAssetを配置していく

10.最初に作ったAssetを配置していきましょう
11.Directional Lightを入れてみましょう
12.Fogを追加して、リアルな描画を目指します
13.ポストプロセスを使用します。やりすぎると、リアリティが失われるので、Parameterの調整は慎重に
14.ペイントで草や岩を配置していきます
15.Parameterを調節して配置する量をコントロールしましょう。詳しくやり方を知りたい方はこちらから
16.不必要に密度が濃くなりすぎな箇所は適宜減らしてあげましょう
17.かなり雰囲気出てきましたね
18.長い草など入れて、高さの情報を追加しましょう
19.気を追加します。周りに枝などを配置してあげるとかなりいい感じになります

Tips

20.Pixel Depth Offsetを使用することにより、Object同士の接地面が緩和され違和感が減少します。近影の場合、かなり有効な手段になると思います。

 

 

以上になります。
おおまかではありますが、Megascans dataを使用したシーンの制作方法が大まかに理解できたのではないでしょうか。

Material BlendやWorld Machineなど一部詳細な内容はこちらのTutorialでされていなかったので、後ほどBlogの記事を制作したいと思います。

UE4をさらに詳しく勉強する方法

今回はQuixelのYoutube Channelの動画”Create a Photorealistic World inUE4”を簡単に解説しました。他にもMegascansを活用したTutorial動画がいくつか公開されているので、気になる方はぜひ色々見て勉強してください。

その他にも、UE4関連の書籍はたくさん出版されています。
お手元に置いて学習したい/日本語で学びたい方向けにいくつかPickUP!!して、紹介させていただきます。

UnrealEngine4マテリアルデザイン入門

 

UE4を学ぶためのバイブルといっても過言はないのではないでしょうか。

背景アーティストとして、アンリアルエンジンを使った開発に携わってきた著者が書く、Unreal Engineのマテリアルの解説書です。
グラフィックス制作に関わるゲーム開発者、それに興味を持つ開発者、学生、UE4を使ったコンテンツ制作を考えている映像/建築業界の方が対象となります。
基本操作やノードの理解、処理の組み方を手順に添って学び、エピック公式で配布されるサンプルのマテリアルを読み取れるだけの基本的な知識と能力を得ることを目標にしています。また他業種からUE4を触り始めた方に向け、ゲームグラフィックス制作特有の機能や考えたかについても解説しています。

Unreal Engine 4 ブループリント逆引きリファレンス ゲーム・映像制作現場で役立つビジュアルスクリプトガイド

ブループリントを自在に操る!制作現場で役立つ技法が満載!

本書は、ハイエンドなゲーム制作者(プログラマー)やその周辺にいるCGデザイナー、グラフィッカーといった制作者に向けた、Unreal Engine 4のブループリントの逆引きリファレンス集です。
ゲーム制作や映像制作で使えるように逆引き形式で利用しやすいリファレンスにしています。

UnrealEngine4リアルタイムビジュアライゼーション

Unreal Engine 4 で、オフラインレンダリングとほぼ同じに見た目のCGを作成してみたい人、ビジュアライゼーションをしてみたい人に向けた書籍です。CADデータのUE4へ読み込みから、マテリアル、ポストプロセスエフェクト、ライティング、レンダリング、VR向け出力、そしてリアルタイムレイトレーシングまで解説します。最後にブループリントによる基本的なカラーチェンジやアニメーションなどもフォローしています。

Link

Youtube:https://www.youtube.com/watch?v=ATX7kmET4zE

今回使用したMegascans data:
https://megascans.se/assets/rbBaw https://megascans.se/assets/rbirV https://megascans.se/assets/qkbtz https://megascans.se/assets/qivfi https://megascans.se/assets/rcygo https://megascans.se/assets/qcztS
https://megascans.se/assets/rb0gufa
https://megascans.se/assets/qmBrl https://megascans.se/assets/rbDjZ https://megascans.se/assets/rbEkI https://megascans.se/assets/rbojr

World Machine:https://www.world-machine.com/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です